インターフェイス講座A
目標とするところ
色々なインターフェイスの作成
ボタン以外の各種インターフェイスのうち、比較的シンプルなものの作成方法を学びます。作成するのは、1つのボタンに2つの機能を持つスイッチボタン、マウスオーバーでメニューが展開する収納型メニュー(2種類)、多くのボタンをコンパクトに格納できるプルダウンメニューです。
スイッチ以外は「擬似的なマウスオーバーの取得」という特殊なテクニックを利用しています。
講座で作成するサンプルの一部です
クリックして確認できます
覚えるべきActionScript
右表にこの講座で覚えるActionScriptを掲載しています。覚えるActionScriptの数は少なめです。これまでに学んだActionScriptの応用がポイントになってきます。とくにフラグの使い方がポイントになり、難易度は比較的高いです。
そのた備考
この講座はサムネイル&ディテールを修了した方向けの講座です。この講座から受講することはできません。
  • ・hitTest
  • ・_xmouse / _ymouse
  • ・onMouseMove
主な内容
第1章:スイッチ
  • ・状態の記憶
  • ・スイッチの完成
  • ・応用
第2章:収納型メニュー(その1)
  • ・クリックでメニューを出し入れ
  • ・擬似的なマウスオーバー
  •  ・指定された座標がムービークリップ内にあるか
  •  ・カーソルの座標を取得する
  •  ・マウスを動かしたときたけ調べる
  •  ・状態が変わったときだけ処理する
  • ・完成
第3章:収納型メニュー(その2)
  • ・スイッチで出し入れ
  • ・擬似的なマウスオーバーの利用
  • ・擬似的なマウスオーバーの弱点
  • ・一定時間操作されなかったらメニューを閉じる
  • ・メニューを隠した場合での演出の配慮
第4章:プルダウンメニュー
  • ・2つのID
  • ・プルダウンの構造
  • ・完成
  • ・補足