診断系コンテンツA
目標とするところ
診断系コンテンツへの導入
診断系コンテンツでは配列という新しい考えを利用するほかに、ムービークリップの構造にも新しい考えが必要となります。一度にこの2つの新しい考えを学ぶと混乱しがちなので、まずはこの講座で診断系コンテンツの構造を学びます。
ついでにこの構造を利用してモンタージュ型コンテンツ(着せ替えコンテンツ)の作成方法も学び、最後に配列の基礎的な扱いを学びます。
講座で作成するサンプルの一部です
クリックして確認できます
覚えるべきActionScript
3章で配列に関するActionScriptを学びます。
そのた備考

この講座はサムネイル&ディテールCを受講した方向けの講座です。この講座から受講することはできません。

  • ・new Array
  • ・pop
  • ・push
  • ・shift
  • ・unshift
  • ・splice
  • ・length
主な内容
第1章:診断系コンテンツに必要な構造
  • ・ラジオボタンの仕様を変更
  • ・「処理しない」というテクニック
  • ・複数のmyIDを利用する
  • ・応用問題
第2章:モンタージュ型コンテンツ
  • ・ボタンの位置をパーツ毎に変更
  • ・Objectオブジェクトを活用
  • ・モンタージュ部分の作成
  • ・仕上げ
第3章:配列の基礎
  • ・配列とは
  • ・配列の作成方法
  • ・要素の参照と変更
  • ・要素の追加と削除
  • ・splitの正体