フリーサイズFlashA
目標とするところ
スペシャルサイトなどでよく利用される、ブラウザのウインドウ内がすべてFlashで作成されるフルフラッシュコンテンツのなかでも、モニタのサイズに合わせレイアウトを調整するフリーサイズフラッシュの作成方法を学びます。このようなコンテンツはhtml側でも操作が必要なため、Flashの組み込み方やオープンソースのswfObjectやswfForceSizeに関しても説明します。
コンテンツの演出に関連するテクニックはフリーサイズBで学ぶため、右の教材サンプルでは主な演出が省かれています。
一部MX2004では確認できないサンプルがあります。ですのでPCを持参される方はFlash8以上をインストールしておいてください
講座で作成するサンプルの一部です
クリックして確認できます
覚えるべきActionScript
右表に本講座で覚えるActionScriptを掲載しています。本講座では新しいテクニックを多数学ぶため、覚えるActionScriptの数は比較的多くなっています。 しかし、メインはレイアウトに必要な計算方法を学ぶことです。
そのた備考

この講座は応用講座のサムネイル&ディテールと自習教材のswfobject01&02を修了した方向けの講座です。この講座から受講することはできません。

  • ・Stage.scaleMode
  • ・Stage.align
  • ・Stage.showMenu
  • ・Stage.width
  • ・Stage.height
  • ・addListener
  • ・removeListener
  • ・onResize
主な内容
第1章:htmlでの設定とflashでの設定
  • ・swfObjectの使い方
  • ・ウインドウモード
  • ・htmlでのフリーサイズ設定
  • ・ ローカル再生での注意点
  • ・flashでのフリーサイズ設定
第2章:レイアウトの計算方法
  • ・ステージのサイズを取得する
  • ・resizeイベントの利用とイベントリスナー
  • ・レイアウトの基本1(4隅に配置)
  • ・レイアウトの基本2(マージンの設定)
  • ・レイアウトの基本3(センターに配置)
  • ・ビットマップを配置する場合の配慮
  • ・ビットマップのスムージング
  • ・帯状に配置
  • ・入れ子の利用
第3章:フリーサイズFlash
  • ・ロゴの設置
  • ・フッターの設置
  • ・移動範囲の制限
  • ・センターからのマージン
  • ・swfForceSizeの利用
  • ・背景に画像を配置(アスペクト比の維持)
  • ・一応の完成、そして次回への展望
  • ・レイアウトの指針