入門講座B
目標とするところ
・ムービークリップボタンの完成
インスタンス名に情報を埋込み、文字列の操作を利用して必要な情報を得るテクニックを学びます。さらにカスタムメソッドを利用してA(B+C)の効率的な構造にして修正対応しやすくし、ムービークリップボタンを完成させます。 また変数と値の型についても学びます。
講座で作成するサンプルの一部です
クリックして確認できます
覚えるべきActionScript
右表に入門講座Bで覚えるActionScriptを掲載しています。
覚えるActionScriptの数は少ないですが、splitやfunctionなどこの先の講座に毎回登場する重要なActionScriptの利用方法を学びます。
そのた備考

この講座は入門講座Aを受講した方向けの講座です。この講座から受講することはできません。

  • ・typeof
  • ・=(代入演算子)
  • ・split
  • ・function
※赤字はポイントとなるActionScript
主な内容
第1章:ムービークリップボタンの完成に向けて
  • ・パスの復習/パスのデバッグテクニック
  • ・ボタンに文字を表示する
  • ・バグとイベントの再考
  • ・識別子は複数の単語から
  • ・変数
  • ・値の型
  • ・文字列の操作と変数の利用
  • ・文字列の一部を抜き出す
  • ・変数のメリット
  • ・クリック音を付ける
第2章:ムービークリップボタンの完成
  • ・AB+ACではなくA(B+C)
  • ・カスタムメソッドの作成と実行
  • ・イベントハンドラメッソッドにカスタムメソッドを代入
  • ・カスタムメソッドを代入時の注意点
  • ・カスタムメソッドを利用したA(B+C)の形
  • ・変数とカスタムメソッドの有効範囲
  • ・カスタムメソッドがあるかを調べるテクニック
  • ・ムービークリップボタンの応用と可能性
教材ファイルリスト