メモ

いつの日かUnity

今ゲーム制作で利用しているCocos2d-x(C++)は弾幕ゲームのようにたくさんのスプライトを動かすのに適している(動作負荷が軽い)。今後制作するカジュアル系のゲームも微妙に弾幕要素が混ざるので今後もCocos2d-xを使い続けるのだけれど、Unity向けのアイデアも色々浮かぶ。ボクセルのゲームは楽しそう。

Webデザイン

ゲーム制作の話ばかりですが、Webデザインも大切なお仕事。ということで気になった記事をメモ。ノンデザイナーズデザインブックのUI版的な記事です。
→参考:優れたUIを実現するために確認しておくべき51のチェックリスト
 

Github

Githubの説明をRPGで学ぶサイト。
→参考:ギットクエスト
 
 
 

Macの買い換え時か

5年も頑張ったMacPro

現在のメインマシンであるMacProは5年前の10月に購入したもので、現在でもCPU的な処理速度に不満はなく、HDDの空き容量も半分以上残っています。
→参考:ブログ「新しいMacが到着
→参考:ブログ「新Macのセットアップ完了
 

HDDがヤバイのです

しかしHDDに関連する動作が極端に遅くなってきました。ファイルが沢山あるフォルダを開く処理や文字レイヤーの多いPhotoshopファイルを操作するとHDDへのアクセスがヤバイ感じになり、動作も非常に遅くなります。まだ異音はしないのですが寿命が近いようです。
週末に念のためデータをバックアップしておきましょうか。
 

同時期のWindows機は全滅

サブで利用していた2台のWindows(DELLの最も安い機種)は3年くらいでHDDがクラッシュ&ビデオボードがクラッシュ。ソニーのネットブック(VAIO W)は震災時に机から落ちて液晶破損。メインマシンで5年間利用できたMacProはさすが最上位機種といった感じです。
 

次はiMac5K

これまではMacProを乗り換え続けてきたのですが、MacProのデザインが変更となり個人的にあまり好きになれません。それにスマホアプリの開発を始めるようになったのでretina液晶の組み込まれたiMacは良い選択に思えます。
今の開発環境ではiOS6とiOS7の検証しかできない(Xcodeのバージョンが5.1.1)のです。弾幕の器シリーズも正式対応しているのは実はiOS6と7という状況。買い換え時なのです。
 

弾幕の器の更新状況

弾幕の器2の更新状況は以下の動画の通り、駆逐艦と巡洋艦のデータが完成しました。

 
 

サーバーの引越

so-net

会社設立時(2006年)にサーバーとドメインの管理はso-netを選択しました。今でこそso-netですが、当時は一般と法人に分かれ法人はso-netとは別の名前だったと思います。法人用のサービスは料金は高かったけれど色々フォローが良さそうだったので選択しました。
 
しかし数年後(たぶん2010年くらい)、法人のサービスは一般と合流しso-netに統一。そしてサーバー管理も自社ではなく外部に委託となりました(料金は安くなりました)。この時もサーバーの引越業務が生じたのですが、さすが法人用のサービスということでスタッフを無料で派遣しメールやftp等の切替業務を行ってくれました。
 

また引越

でもって今年になってso-netが委託している会社を変更するため、契約を継続するならサーバーの引越をしてくださいと連絡がありました。
今回はスタッフの無料派遣はありません。しかしメールやftp等の変更は簡単に完了し、自社サイトのhtmlのデータも引越ツールが用意されていたため問題なく終了。
 

データベースの引越

しかし問題だったのはwordpressのデータベースの引越。サイトデータの移行が確認できるようにプレビューサーバが用意されたのですが、データベースはDNSの切替が完了してからでないと作成できないためwordpressをプレビューサーバで確認することはできない仕様になっていました。
そもそも、そのような仕様になっていることを知らずサポートへの問い合わせで知りました。ついでにwordpressの引越が自力でできそうにないならサポート会社に頼んでくれと以下のURLを告げられる。キャンペーン価格で8万が4.8万に!
→参考:サーバー移行代行キャンペーン
ありがたい?のですが、google先生の協力があれば自力で出来そうなので却下。
 

データが大きすぎる

早速google先生に聞くと「duplicator」というプラグインを利用すると簡単にデータを引っ越せるそうです。→参考:プラグインでWordPressを楽々お引っ越し!
しかしサーバーが対応しておらず(zip作成に対応していません的なメッセージ)、このプラグインを利用できませんでした。
 
ファイル等はftp経由でダウンロードすればよいのですが、データベースからデータをダウンロードすることで躓きました。調べると古いサーバーでは2MB以上の書き出しに対応していないそうです。このブログは10年近く続いているので記事データだけでも1万件を超え、記事のデータ量は30MBを越えています。記事のテーブルを単独で書き出すことさえできません…。
さらに調べるとデータベースはテーブル内のレコードを個別(または範囲指定)に書き出せるそうなので、それを利用して分割してデータをダウンロード。
 

ロリポで練習

データはダウンロードできたものの、データを移植できるか心配です。so-netの仕様でDNSを切り替えるまでデータベースを操作することが出来ないので、「jQuery入門講座」用に借りているロリポップのサーバーで試すことに。
しかし、「jQuery入門講座」は一番安いプラン(何と月100円!)のためwordpressが利用できません。なので月250円のプランにバージョンアップしてwordpressを確保。ロリポのwordpressのテーブル名は自由に設定できないため、ダウンロードしたデータをテキストエディタで開いてテーブル名を置換(wp_をwp1_に)、そしてインポートしてみた。以下の様に無事移植は完了。→参考:ロリポへの一時的なブログ移植
 

引越完了

練習で手順が確認できたのでDNSを切替てデータベースを起動。でもって、このようにwordpressの移植が完了しました。本当は週末に完結させるはずだったのに…。
 
本来は必要のない業務で週末が潰れてしまった。再びso-netが管理会社を変更し引越を強要されるようなことになったら他のサーバー会社を検討しようと思う。
 
 
 

インフルエンザで口内炎が治った話

記事のストックが切れた。ストックが切れそうな時は週末を利用して補充するのですが、
前回のAndroid対応でその余裕もなく。そして今週はインフルエンザを発病。
ってことで雑記でお茶を濁します。
 

口内炎が速効完治

高熱が出ると通常の細胞は弱ります。ウィルスは細胞を乗っ取って増えるので、
高熱が出るとウィルスの増える速度が落ちることになります。そして逆に
免疫細胞は高熱で元気になるので効率が良く対応できるようになるのです。
口内炎もウィルスなのでインフルエンザの発熱に乗じてすぐに治りました。
——————————————————-
-2日目:舌裏の根本右側に違和感を感じる。できもののようなものは無し。
0日目:舌裏に鋭い痛み。見ると口内炎ができている。根本の方なので食事中も
    意外と痛みは少ない。しかしアクビの際に激痛。
3日目:風呂上がりに強烈な寒気を感じたので検温(37.5度)。喉に若干の痛み。
4日目;のど風邪と判断し、トローチをなめながら通常業務。口内炎の痛みが弱くなる
5日目;朝起き上がろうとしたらふらつく。全体的に軽い筋肉痛。下し気味のお腹。
    舌がすべすべ。高熱を結構経験してきたので、すぐに高熱の症状と気付く。
    寒気はないのに検温すると38.4度。口内炎の痛みは完全に消えている。
6日目:38.2度-熱はあるものの喉の痛みは引いてきた。
    インフルエンザの時って筋肉痛だけでなく、すぐに筋を違える。
    布団からものを取ろうと手を伸ばしたら悶絶することになった…。
7日目:37.4度-食欲が回復。ほとんど完治。
8日目:36.6度-完治。今年のインフルエンザは軽いのか?
 

インフルエンザ履歴

小学生の頃の平熱は37.0。プールの日には検温する事になっているが、正直に申告
すると永遠にプールには入れないので毎回36.8とサバをよんでいた。熱の耐性は強い方。

1994年:初インフルエンザ

多少熱っぽくても身体は元気なので中学/高校では無遅刻無欠席。大学に入ってから
人生初のインフルエンザで3日間寝込む。急速に行動困難になるくらい症状が悪化、
通常の風邪との格の違いを感じる。
ちなみに初のMac(LC630)はこの年に購入。この時のアルバイトはCプログラマ。
プリンタドライバを書いていた。時給も高く完全フレックスの良い環境だった。

1995年:2ヶ月の後遺症

やたら咳の出るインフルエンザだった。バイト先は前述と同じなのですが
開発部門が移転したためプログラマとしてはリストラ。営業サポート(データベースの
整理)としてバイト。インフルエンザで休みますとと連絡したら凄く怒られた…。
インフルエンザって急に行動不能になるから直前にしか連絡できないですよ…。
このインフルエンザは治った後も「空咳」が2ヶ月も止まらなかった。バイト先で
「その咳イライラするんだけど!」と怒られる…。このバイトをやめて塾の講師になった。

1999年:熱だけのインフルエンザ?

社会人としてバリバリお仕事。38度を超える熱が1週間続くも、喉の痛み/咳はなく
ふらふらして筋肉痛。そして下し気味のお腹だけ。こんな長期間熱が続くことが
無かったので、週末に病院に行こうと決意。したものの怖じ気づいて行かなかった。
週末にゆっくり休んだら月曜には治っていた。
当時はお腹下していたから消化器系の病気と思っていたけれど熱だけのインフル
エンザってのもあるらしい。
スクリーンショット 2015-02-15 1.35.36

2003年:40度を超えた

この本を執筆中に発症。スケジュールが2週間遅れる。熱が39度を超えても咳も喉の痛みも出ないので体温計が壊れた?と思い「水銀体温計」を購入、やはり39度を超えている。
ですが半日もしないうちに急に悪化。咳も喉の痛みも鼻水も全部やってきた。そして
最終的に熱は40度を超えることに。38度を超えると舌がスベスベになってくるのですが
40度を超えると舌の白い部分(味蕾)が死滅します。気味の悪いくらい綺麗なピンクです。
砂糖や塩をなめても微妙な苦みしか感じません。食事はできずヴィダーinゼリーが
主食になりました。脳は熱に弱いので頸動脈を冷やして脳の温度を下げるようにして
いました。ちなみに回復後、わりと早く味蕾は復活しました。

2005年:原君のせい

後ろの席の原君がインフルエンザから復帰。「大丈夫?」と効くと「大丈夫です」
という言葉と共にウソっぽく咳き込むお茶目な原君。インフルエンザって熱が引いた
あとも2日くらいはウィルスが残っているそうです。見事感染しました…。
数日後の夜9時くらいに急な寒気におそわれ会社を早退。今回のインフルエンザは
すぐに症状が出始めて、途中で行動困難状態に。大通りまで出て自転車を放棄し
タクシーにて帰宅。私は左右盲なので道の指示を間違い運転手に睨まれた…。
このインフルエンザは喉の痛みが特徴的。加湿器を持っていなかったので
風呂場を解放し湯気を充満させようとしたのですが上手くいかず、常備薬の咳止め
シロップ(喉の痛みに良く効きます)とVicksVapoRubでしのぎました。

感染ルート

こうして眺めると、電車通勤/通学をしている時にインフルエンザになっている
場合が多い。たぶん電車が感染ルートなのだと思う。
今回(6回目)のインフルエンザはたぶんショッピングモールで感染したのだと思う。
 
さて来週はきちんと記事を更新することができるだろうか?
 
 

リモートサポートを受けた

Macは問題なくインストール完了

ノートンの利用期間が過ぎたのでアップデートしようと思ったのですが
再度購入した方が安そうだったので、ノートンをアンインストールして
購入した新しいノートンを再インストール。Macは問題なく終了して
以下の様に残り日数が変更されました。
スクリーンショット 2014-11-27 17.08.05
 

Windowsでは英語版になってしまう

Windows8にもインストールできたのですが、英語版になってしまいました。
ネットで調べたのですが、あまり情報がなかったのでサポートに連絡。
リモートセッションにて対応してくれるとのこと。
スクリーンショット 2014-11-27 17.12.58
 
リモートセッションでカーソルが他人に操作されているのを見るのは
少し面白かったのですが、重要な書類がたくさんあるメインマシンのMacで
これをされるのは避けたいと思いました。
今回のWindows8はサブマシンなので、あまり重要な書類はないのですが
ずっとカーソルを見張ってしまいました。
 
 

雑記:入院してました(一泊二日)

あごの骨が炎症

去年の8月に歯茎が腫れて痛み出したので、歯医者を訪れたところ歯茎も綺麗だし
虫歯も無いということで局所的な歯周炎と診断されました。
歯茎が腫れているためかみ合わせを調整するため、歯を削って処置完了。
 
その後も時々痛くなるのですが一晩たつと痛みが引くため、気にせず放置していました。
しかし、そんな状態が1年経過しても改善しないので再検診してもらいました。
 
レントゲンの結果「あごの骨」に炎症があり「あごの神経」に達しそうな勢いなので
大きな病院で処置して貰うことに…。虫歯はないのに歯を2本失うと聞かされショック…。
 
炎症が進行すると、普通は歯槽膿漏といって歯茎から膿が出てくるはずなのに私の場合は
歯茎が綺麗なままだったので発見が遅れることになりました。再検診の時も歯茎は綺麗でした。
 
 

入院する事に

近くの赤十字病院で検診。歯を2本失うことが確定…。炎症を抑えるため1日点滴をする
必要があると言うことで入院することに。その日は薬のアレルギーがないか血液を採取
して終了。10日後に入院する事に…。あごの神経に近いので、もしかしたら、あごに違和感が
残る後遺症が出るかもしれないとのこと。手術同意書とか色々怖そうな?書類があって涙目…。
 
 

寝ている間に手術は完了

手術は怖いけれど、説明書に少し楽しみな内容がありました。手術は部分麻酔ですが
「不安を取り除く薬」を点滴するとのことです。窒素ガスの強力版かな?精神に影響を与える
薬って利用したことがないので興味津々(窒素ガスも経験ありません)。
 
しかし手術当日。すごい痛い注射するから点滴で眠らせてから手術しますと説明される!
眠らせても、すごい痛い注射の時に眠りが浅くなるかもしれませんと言われました…。怖い!
 
そして点滴の開始、そして医療ドラマとかで見たことあるように、点滴の管に注射で
薬を流し込む…。胸の血管にに変な清涼感が広がり怖くなるも、すぐに解消。
 
「眠くなってきたら寝て下さい」と声をかけられる。しかし眠くなるどころではなく
意識が戻り始めた頃には手術は概ね完了して、縫合している段階でした。痛い注射も
抜歯も全く記憶にありません。これはこれで面白い経験でした。
 
意識が戻り始めた時は、縫合に関する専門用語が聞こえてきたので、終わったら質問
してみようと思ったのですが、覚醒したあと専門用語は完全に忘れていました。
夢の内容をおぼろげに覚えていても、ハッキリと思い出せないのと同じ感覚です。
 
あと何故か「起きてますよ」アピールをするため瞼をパチパチしてたのを覚えています。
しかし後で「光を感じた記憶がない」ことに気が付き、実際は瞼さえも動かせない状態
だったのだと思います。手とかを動かすことは、考えることもしませんでした。
 
感覚はあるのに身体が動かない。「金縛り」ってこういう中途半端な覚醒状態のときに
経験するのでしょうね。あと科学系のニュースで「植物状態の人と脳波で交信
という記事を見たことがあるのですが、こういう感じで身体は全く動かなくても、外からの
情報を感じることができてたのかな?とも思いました。
 
手術の後は暫く放置され、多少動けるようになったら車椅子にのせられ病室に
運ばれました。そして1泊しながら3種類の点滴を受けて退院。
今のところ違和感の後遺症もありません。次の水曜に抜糸の予定です。
あと暫くしたら炎症の状態を見るために再びレントゲン撮影。
 
 
ふぅ。5才の時に腎臓病で半年入院していたことがトラウマなので病院は
近づくだけで怖いのですよ…。これからは健康に過ごせるといいなぁ。
皆さまも健康でありますように!
 
 
 

雑記:指導教官について

先週、大学で卒業研究の際にお世話になった教授が亡くなった。私は大学院に進学しなかった
ので指導を受けたのは1年と短かったのですが、とても思い出深い方でした。
 

まずは環境から

その研究室は一部の学部生から「工務店」と呼ばれていました。新人が入ってくる春に
研究室(または関連施設)の工事をするのです。
 
私が入った年には生物飼育棟(海洋生物)の小さな「流し」を、となりの生物飼育棟(昆虫)
の大きな「流し」と交換するという工事でした。 
噂には聞いていたけれど、水道管をつなげ変えるような本格的な工事を学生だけで行うことに
すごく驚きました。同時に「流し」を交換しても「あまり意味なくない?」とか「施設科の
人は迷惑に思っているのでは?」と思ったものです。
 
他にも、あまり利用する人が居なかった理学部の工作室(本格的な旋盤もある)を利用して
自分の実験にあった実験器具を作成したり、卒研に利用するスライドを暗室で現像したり
他の研究室ではしないことをたくさん経験させて貰いました。
 
そんなこんなで卒業し、社会人としてしばらく暮らした後で思ったのです。
あれは「よい仕事をするためには、環境から構築すべきだ」ということを伝えるための
行事なのでは?と。その時には疎遠になっていたので、確認することもできません
でしたが、私は今でもそう思っています。
 
 

卒論が受け取ってもらえない

院に進まない学生に対しては、適当な卒論でも受理してくれる研究室が多いなかで
その研究室は進学しない学生にもきちんと指導してくれました。
日本語は曖昧な表現が許されるけれど、人に伝えるためには誤解されないように
曖昧な表現を廃して正確に記述しなければならない。おまえは主語を省略しすぎる。
二重否定なんて使うな。などよく言われました。
卒論は6回も修正(主に文体)して、7回目にようやく受理されました。
 
サークルで絵本とか作っていたので、曖昧な表現が好きだったのですよ。
→参考:web絵本「ぶきようだけど
 
 

実験の成功?失敗?

卒研では私の立てた仮説を裏付ける結果が6回中2回しか取れませんでした。しかし何故か
学会で発表することになりました。当時私は仮説が裏付けられず「失敗」したと考えていた
のですが、6回中2回発現している「事実に失敗も成功もない」と言われたのを覚えています。
ちなみに学会当日は卒業式の数日後で学籍もなく、学会員でもないので本来は発表する事は
できないのですが、強力なコネでねじ込まれました。
 
 

コネの善し悪し

その研究室では毎年OBも参加する設立パーティがあり、私も卒業後2,3年は参加して
いました。そこで覚えているのは「もうすぐ退官で卒業生の面倒を見ることができない
から卒研生は取らない」と言っていたことです。
(実際は研究室は助手の方が助教授になって受け継ぎ存続しています)
「社長の血縁とかで不当に高い地位にいる」とかのコネは良くないと思いますが、
きちんと育てた人材を他所に紹介するのは悪いことではないと思うのです。
私は他の分野に興味が移っていたので研究室とは関係ない方向に進みましたけどね。
 
 

指導教官の責任

上記のように先生は、後進の育成に責任を持ってあたっていました。だから、
STAP細胞の問題で小保方さんの上司の方には少しモヤモヤしてしまう。
大学が合併したので、正確には母校ではないけれど「ドブスを守る会」の指導教官にも
モヤモヤしてしまう(結局、解雇処分になったようですが)。
 
研究室では実験動物も現地調達(採集)することが多く、以前に磯で卒研生(女子)が
足を切ってキズが残るケガをしてしまった事件があったらしい。先生が酔った時に、
その時のことを凄く後悔していると話していた。でも私が卒研生の時に、その方は
博士課程で研究室に戻ってきていて、そんなことは気にしておらず、先生のことを
尊敬していたけれど。
(その方いわく、先生が男気に溢れすぎていて他の男子研究生がしょぼく見える。)
 
そんな事件があったためか、ジャマイカに棲息する珍しい生き物を採集する時に、現地の治安を
鑑みて女子の先輩が連れて行ってもらえず、酔った先輩に八つ当たりの膝蹴りを頂いた。
 

ついでに

実は先生には研究室に入る前にもお世話になっていました。私は大学には経済学部で
入学したのですが、思っていたのと違ったので理学部(生物)への転部を計画したのです。
最初に学生相談室に行ったのですが、そこでは「理学部は実験にお金がかかるため
退部者がいない限り転部はできない」と言われ、納得できる理由であるものの
サークルの理学部の友達に愚痴ったら、その友達が実習で仲の良かった先生に
話してくれて、その先生から理学部の教授会に議題として上がることになった。
 
教授会の結果、1,2年の生物科の必修の授業を受け、その結果次第では転部を認める
というものでした。このときの教授会をまとめている理学部長が先生だったのです。
結局「実験にお金がかかる云々」は安易に転部を認めないための方便なのでしょうね。
 
ちなみに経済学部では何でも数学(統計)で解決してしまう?計量経済学を学ぼうと
思っていたのですが、前提条件が多すぎて実際の利用には役に立たない!(いや、
若気の至りでこんな事思ってしまっただけで、計量経済学が金融工学にも繋がる
役に立つ学問です)そんななか、色々関連書籍を読んでいたら「人工生態系」なる
ものに出会ったわけです。人間のような複雑な意志が存在しない生物なら
数学的な予想が現実に近いのではないか?それをコンピュータ上でシミュレートして
確認する人工生態系。生物って面白そう!ってな感じです。で転部していろいろ
心移りしながら最終的には神経生物学の研究室に入りました。
 
 

人間関係って難しい

研究室の助手の方にも良くして頂いたのですが、お葬式の献花に名前を確認することが
できませんでした。この方は少し細かいためか、他の研究生(特に私の指導に当たる先輩)
から距離をおかれていたのを覚えています。先生も若干、そのことを気にしていたような..
 
私が最初に「先生」と話しかけた際には「研究室で先生と呼んでいいのは○○先生だけだ」
と注意されたのを覚えています。あと薬品などの出入り業者の方に敬語を使った時にも
なにか注意されました。そして学内の卒研発表会の時に白衣のポケットに片手を入れて
いたことはひどく注意されました。
ですが実験の丁寧さ器用さは認めて頂いて、共同研究している他の大学の研究室に
つれていってくれたり、院への進学を勧めてくれたり良くして頂きました。
 
研究室では海洋生物(一部で話題のグソクムシもいました)と昆虫を扱っており、
海洋生物は三浦半島の漁師さんにお願いして頂いていたのですが、そこで採れない
生物は築地に買いに行ったのを覚えています。お寿司ごちそうさまでした。
 
研究室には助手が2名いたのですが、1名は海外に客員研究員としてでていました。
先生の退官後は、この方が助教授になって研究室を受け継ぎました。
 
他の研究室でも派閥の話しはたくさんあり、いろいろ大変なんだなって
思いましたが社会に出たらもっと大変でした。最初に入った会社で
デザイナーVSプログラマーの対立からのプログラマーの大半が一斉退職。
最初にデザイナーの部署に配置されたあとプログラマーに転部した私には…。
 
 
なんだか長文になってしまいました。
 
 
 

safariのアップデート?


 
Macではたまにアプリのアップデートが掛かるけれど、何が変わったかよく分からない
ことが多いです。今回のsafariが変わったのもアップデートのためなのかな?
 
何が変わったかというと、ソースを表示するときのウインドウがいろいろ高機能に
なりました(上記キャプチャの下半分)。javaScriptのデバッガなんかも付いているみたい。
 
 
 

webデザイナー白書 [web designing]

9月は忙しくてweb designingの10月号を買いそびれていたのだけれど、Amazonで
まだ売っていたので11月号と合わせて手に入れました。
 
10月号にはwebデザイナー白書があり、Flashへの関心が予想以上に下がってたこと
に驚きました。習得したい技術では去年の3位から22位に下がり、習得したい言語
ではActionScript3.0でさえ去年から半減(34.1%→15.2%)…。
新しいカリキュラムではFlashバナーの講座も予定していたけれど、場合によっては
再考しないといけないのかもしれません。
 
Flashに代わってスマートフォン関連の技術が注目されているのは書店巡りでも少し
感じていたのだけれど、予想をはるかに超える人気なのもビックリ。jQueryついでに
jQuery Mobileもやっておいた方が良さそうですね。
 
内心スマートフォンなんてpcのブラウザとそれほど変わらないと思っていたので
記事中にスマートフォンではcssのposition:fixedやoverflow:hiddenが利用できないと
あって驚きました。これらの設定ってアプリっぽいjQueryコンテンツを作成するのに
不可欠だと思っていたので…。だからjQueryとは別にjQuery Mobileがあるのだろうか?
あとで調べないといけません。
jQuery Mobile 1.0b1 日本語リファレンス 
 
習得したい技術でiPhoneやAndroidのアプリ開発が大人気なのに、習得したい言語で
Java やC言語の人気がないのも、HTML5,CSS3,JavaScriptによるアプリ作成に興味が
あるということなのだろうか?
 
 

嗚呼、地震

ものすごく久しぶりにブログを更新。
地震発生から、今日までのことを書きます。

●地震当日
ビルの3階と4階がヒビだらけになる。
※弊社的にはスピーカー1つとネットブックのVAIO1台が破損。
  ↓
電車が動いていないので会社に泊まる。
  ↓
余震が続く中、余震の度にビルのヒビが成長
ビルが倒壊してしまわないか心配で一睡もできず。
  ↓
明け方に、これまでの震源とは違う長野で地震。
もしかして、関東を震源とする地震も発生するの?
と不安がピーク。明け方を近所の公園ですごす。

●地震翌日〜3日後
なんだかんだで、仕事を続行。しかし余震が続くので不安。
揺れよりもビルが倒壊しないかが心配。
  ↓
Mac Book Proを購入して、どこでも仕事ができるように
環境を整える
  ↓
実家に退避。実家で仕事を続ける。
木造なので、倒壊しても死なないだろう、たぶん。

●3月18日
ビルの被災情報を建築士の方が調査。
※連休の間に、ビルのヒビのうち大きなものはモルタルと
 ペンキで修正される。

●3月22日
余震が続いても、ビルが倒壊していないので大丈夫かな?
と思い、東京に戻る。

●3月25日
ビルの調査結果が出る。ヒビはたくさんあるけど表面的な
もので、柱や梁は無事なので問題ないとのこと。

●現在
いつも通りの生活に戻る。けれど、
小さな余震にもビビる日々…。
****************************
当面、スクール業は停止します。
****************************

————————————————————————————–
Flashで作成された関東各地の環境放射能水準の可視化のサイト
micro sievert