教材修正:swfobject教材03

8/25にリリースした「swfobject教材03」ですが、説明が欠けている部分が
あったので、修正して再アップいたしました。
お手数をおかけして申し訳ありません。

説明がなかった部分は「02.html」で以下の3行のCSSです。
—————————————
width:100%;
height:100%;
position:absolute;
—————————————
これらはfirefoxでFlashコンテンツを%表示するときに発生する
バグを回避するための設定です。

googleによるこのバグの検索
 
 

無料教材「swffit」:swfobject教材03

先日のブログでswfobjectの最新版(バージョン2.33)の自習教材をリリースしましたが、
今日はそれに関連するjavascriptライブラリ「swffit.js」の自習教材をリリースします。

ダウンロードページ
※swfobject教材03をダウンロードしてください。
  
この教材はフリーサイズFlash講座を修了されたかた向けの教材で、解凍するためには
フリーサイズFlash講座のパスワードが必要となります。

フリーサイズFlash講座ではswfobjectにあわせてswfforcesizeというjavaScriptライブラリ
についても説明しました。このswfforcesizeは先日紹介した、新しいswfobject以前に
リリースされたもので、swfobject2以降での利用は考えられていません。

そのためswfobject2以降の新しいswfobjectを利用する場合はswfforcesizeの代わりに
swffitを利用します。swfobject2以降のバージョンを利用してフリーサイズFlashを
作成される方は、ダウンロードして自習してください。
 
 
 
色々なブラウザで動作確認していたらMac版のfirefox(3.6.8)でスクロールのバグを見つけました。
とはいえFlashの無いページでもバグが発生するので、Flashやswffitの問題ではありません。
どんなバグかというと、下図のようにブラウザを小さくするとスクロールバーの一部が消えて
しまいます…。
ネットで調べてみたけれど話題にはなっていませんでした。
あまり影響ないバグみたいです。

無料教材「swfobject」


自習教材を2つアップいたしました。

1つはFlashをhtmlに組み込むswfobjectの初歩的な使い方です。
いつもとおり生徒さん専用のダウンロードページよりダウンロードしてください。
swfobjectはプラグインチェックも行ってくれますし、多くの企業サイトでも
利用され信頼度が高く使い勝手も良いと思います。
これは解凍コードが必要ないので、1回でもデザインドリルの講座を受講された方は
ご利用できます。

もう1つもswfobjectの使い方(前述の教材の続き)です。
こちらはhtmlからswfobjectを通してFlashに変数を渡すテクニックを学ぶ教材です。
具体的にはこのようなサンプルの作成方法を学びます。
あまり利用する機会はないかもしれませんが、興味のある方は確認してみてください。
こちらは入門基礎講座修了の解凍コードが必要となります。
 
 

焼酎ハイボール倶楽部


レトロな感じがステキ。

まぁ僕はアルコールアレルギーなので飲めないのですが…。
昔チーズフォンデュに憧?れて、食べに行ったのですが
一口食べただけで、口の中がアルコールに反応しました…
チーズフォンデュの中にワインが入ってるなんて当時は
しらなかったよ。しょんぼり。