swfaddress

12月に開催予定の「外部swfファイルの読込」講座の
無料自習教材としてフルフラッシュサイトで
各コンテンツへのブックマークを可能にする
javascriptライブラリ「swfaddress」の教材を準備中。

googleでの「swfaddress 使い方」の検索結果

 
●動作確認用サンプル
メニューをクリックすると、コンテンツにあわせて
URLも変化するのが特長。
http://www.designdrill.jp/lab/address/
 
 

教材データのバージョン

新Macは移行アプリを利用して、データを移動したのですが
Flash8以前のアプリを起動することができなくなっていました…。
※Flash8はintel Macに対応していないため

そのためMX2004用に教材を書き出すことが出来ないので
提供する教材データのバージョンをFlash8pro以降と
変更することに致しました。
※FlashCS3は起動できるのでFlash8proのデータは書き出すことが
 可能なのです。

ということで、これまで持参PCにMX2004をインストール
されていた方は新しいFlashをインストールするか
貸出PCをご利用ください。

申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。

新Macのセットアップ完了


月曜日から新しいmacのセットアップを開始して
なんとなく環境が整いました。
MacProは写真のように(VGA接続であれば)デフォルトで
トリプルディスプレイが実現できるのです。

これまでのOS(tiger)ではディスプレイの縦置きには
対応していなかったのですが、こんどのOSでは対応
しているので2台を縦置きにしてみました。

テキストやActionScript、webデザインやブラウジングには
縦置きが便利なのです。YAHOOのサイトだってスクロールなしに
全画面表示できてしまいます。

でもDVDやyoutubeなどでフルスクリーンで映像を
見るときは横置きのほうがよいので左のディスプレイ
だけは横置きにしてみました。

リバウンドやら倒産やら


4月から始めたダイエット。
忙しくて中断していたら体重が増えてしまったので、
ペースを上げたけれど、続かずリバウンド。
しかし現在はペースも安定。年内に標準域に到達したいなぁ。


株歴は7年になるのだけれど初めての倒産経験…。
銀行系のが撤退して、武富士みたいな独立系が
残ると思っていたのに…。

新しいMacが到着


昨日、新しいMacを購入し今さっき届きました。
先月MacProがリリースされてから、4コアと8コアの
どちらを購入しようかずっと迷っていました。

動画編集や3D制作では8コアのメリットが生かせるけれど
それ以外のソフトではコア数ではなく動作クロックが早い方が
良いらしいので…。

で、いつもの考えでは4コアを選択するのだけれど
今回のリリースでは4コアは古いCPU(Nehalem)となっており
去年から待った意味がないので…結局8コアを買いました。
 
MacProの上に乗っているのはCS4のパッケージです。
新しいMacが届いてからインストールしようと買い置き
していたら、いつのまにかCS5がリリースされていました…。