シミュレーションの続きとリワード広告に関するメモ

シミュレーションゲームの経過報告

切りの良いところまで終わったので、動画をyoutubeにアップしてページを更新しました。
来週は「弾幕系ゲーム」の新規作成に入りたいと思います。
→参考:jQuery入門講座-サンプル「番外編」

 
 

リワード広告の規制が緩和?

6月くらいにAppleがアプリのリワード広告の取締を厳しくしたのですが
それが緩和されているような記事を見つけたのでメモ。
→参考:GameCast様「Apple、リワード広告への審査強化を撤回。
 

リワード広告のメリット

私が利用しているインターステイシャル広告は「弾幕の光」のように
サイクルの早い(プレイ時間の短い)アプリでは有利なのですが、
現在作成している「ファミコンウォーズ系」のようなアプリには不向きです。
なので、リワード広告の報酬として新しいマップや兵器が追加されるような
仕組みにしたいのです。
 

リワード広告を扱っている会社

iOSのタワーディフェンス系のアプリで有名な「ディフェンスウィッチーズ
では3つのリワード広告があるのですが会社が分かったのは以下の2つ。
→参考:AppDriver
→参考:Tapjoy
tapjoyは本社がアメリカなので英語圏の市場にも強いそうです。
→参考:人気アプリ「にゃんこ大戦争」を支える「Tapjoy」とは
 

リモートサポートを受けた

Macは問題なくインストール完了

ノートンの利用期間が過ぎたのでアップデートしようと思ったのですが
再度購入した方が安そうだったので、ノートンをアンインストールして
購入した新しいノートンを再インストール。Macは問題なく終了して
以下の様に残り日数が変更されました。
スクリーンショット 2014-11-27 17.08.05
 

Windowsでは英語版になってしまう

Windows8にもインストールできたのですが、英語版になってしまいました。
ネットで調べたのですが、あまり情報がなかったのでサポートに連絡。
リモートセッションにて対応してくれるとのこと。
スクリーンショット 2014-11-27 17.12.58
 
リモートセッションでカーソルが他人に操作されているのを見るのは
少し面白かったのですが、重要な書類がたくさんあるメインマシンのMacで
これをされるのは避けたいと思いました。
今回のWindows8はサブマシンなので、あまり重要な書類はないのですが
ずっとカーソルを見張ってしまいました。
 
 

jQuery入門サイト:修正

本日、jQuery入門講座の読者様よりサンプルが機能しないとの連絡があり
これに対応いたしましたので、ここでお知らせいたします。

firefoxではinnerTextは利用できない

該当箇所はjQueryとDOM要素の最初のサンプルです。
このサンプルではjavaScriptのinterTextを利用していたのですが、これは
firefoxでは機能しないためinnerHTMLに変更しました。
サイトには「追記:2014.11/25」として変更内容を記述しておきました。
→参考:google検索「firefox innertext 使えない
 
jQuery(textメソッド)を利用すれば、この様なこのようなブラウザ間の
問題には煩わされないので、改めてjQueryの有用性を感じました。
 

 
 

シミュレーションゲーム:cocos2dへの移植

部分的な移植完了

jQueryで習得したアルゴリズムをcocos2d-xに移植してユニットの移動までできるように
なりました。youtubeにアップしたので動画で動作を確認できます。
→参考:jQuery入門講座-サンプル「番外編」
 
jQueryではフリーの戦車アイコンなどを利用していましたが、リアルなアイコンだと
差別化が難しいので、ベタなアイコンを作成したのですがマッチしません…。
3Dソフトを少し学ぼうかとも思ったのですが、それほど複雑なことはできなくても
良いのでPhotoShopの3D機能を学んでみようかと思う今日この頃です。
しかしサイトで書いたように一旦制作を止める予定です。
 

アプリのダウンロード数が1000を越えたので

アプリ「弾幕の光」のダウンロード数が1000を越えました。1000を越えたら
新しいステージを追加しようと考えていたのですが、もう少し進化させて
自機も弾を発射する普通の弾幕ゲームを別途作成したいと思います。
 
「弾幕の光」と同じようにボスとの一対一戦になる予定です。
あと現在の操作方法は画面の小さな機種には向いていると思うのですが
iPhone6のように大きなサイズになると操作しにくくなる(親指が届かない)ので
普通の弾幕ゲームと同じ様な操作方法も選択できるようにしたいと思います。
 
弾幕の光では幾何学的な表現という勝手な縛りを設定していたので
あまりバリエーションが作成できなかったのですが、次はランダムな要素や
ホーミングの要素も追加して沢山のステージを用意したいと思います。
 
そして複数の難易度を用意して、本格的な弾幕ユーザー?も取り込めるように
したいと考えています。あと得点を競えるような構成になる予定。
 

その他

あとシミュレーションRPGの研究として「マーセナリーズサーガ3」を購入。
雰囲気はかなりFFTと似ている(戦士が投石で遠距離攻撃できるとか)。
ストーリーを進めていくと「クマ系アイテム」が手に入るのですが、すべてを
同じ人に装着するとクマのキグルミになった!。効果は:運(神)とのこと。
こういうギミックが素敵だと思う。
kuma
 

敵AIのアルゴリズム

シミュレーションの続き

敵AIの作成に入りました。とはいえ一番近い街を探し、そこに移動
する処理だけです。→参考:jQuery入門講座-サンプル「番外編」

 
今回の部分で、私が難しそうと考えていたアルゴリズム部分が完了しました。
なのでcocos2d-xへの移植作業に入ろうと思います。というか、すでに移植を
開始しました。ですので次回はcocos2d-xのサンプルをyoutubeでお見せして、
番外編の終了としたいと思います。
 

web制作者からのアプリ作成

興味深い記事を見つけたのでメモ。webデザイナーさんの転身物語。
→参考:プログラミング未経験、貯金100万円でアプリで独立
「脱出ゲーム」というジャンルがあることは以前から知っていたのですが、
謎解きが理不尽なものが多く「適当にタップしまくるゲーム」と認識し
苦手意識を持っていました。映画のCubeやsawのシリーズも理不尽だから
理不尽を楽しむ?というジャンルなのかもしれませんが…。
 
でも逆に「理不尽を廃し、論理的に祖予測できる謎」にすれば良いのでは?
と思ったわけです。でも、そうすると「推理ゲーム」になって別ジャンルに
なるのかな?
利益を見込むには難しそうなジャンルですが、ちょっと作成してみたいかも…。
 
PCゲームの名作推理ゲームがスマホ用のゲームになっていたりもします。
→参考:iOS版「琥珀色の遺言
 
 
 

シミュレーションゲーム:日和りそう

シミュレーションの続き

今週も少しですがシミュレーションゲームの探求を進めました。
今回のサンプルでは敵の移動を妨げる仕組みを追加しています。
→参考:jQuery入門講座-サンプル「番外編」

 

また日和りそう

ここまででユニットの移動に関する基本的なアルゴリズムは習得できたと思います。
なので次はAIによるユニット操作なのですが、ファミコンウォーズ系のAIは
街の占領やユニットの生成などがあるためファイナルファンタジータクティクス系の
AIよりも大変そう。
 
ドット絵を描くのが大変だからファミコンウォーズ系に流れたわけで
フリーのドット絵があれば、FFT系に戻れるのでは?と探したところ
以外と沢山のサイトがある。→参考:RPGドット
 
上記サイトのドット絵は以前紹介した「武器投げRPG」でふんだんに利用されて
います。種類もたくさんありそうなのでメモ。
 
とはいえ、まだファミコンウォーズ系を諦めたわけではありません。

 
 
 

シミュレーションの続きとダウンロード数

シミュレーションの続き

今週もシミュレーションゲームの作成を進めました。今回作成した
サンプルではユニットがマップ上を移動できます。
→参考:jQuery入門講座-サンプル「番外編」

アプリのダウンロード数

「弾幕の光」がリリースされてから10日が経過しました。以下の様に
脳トレ15パズルを抜き去り私のアプリの中で1番の人気となりました。
スクリーンショット-2014-11-02-13.44.16
脳トレ15パズルは主にアメリカ/カナダでダウンロードされましたが
弾幕の光は海外ではあまりダウンロードされませんでした。
弾幕ゲームの英訳を調べたのですが、弾幕ゲームが余り一般的ではない
印象です。キーワードには「bullet hell/ danmaku/ bullet curtain」
と設定しました。
ともあれ、この2つのアプリの登場は、これまでの9ヶ月を上回る
ダウンロード数をたたき出す結果となり、ちょっぴり嬉しい次第です。
スクリーンショット 2014-11-02 13.59.03
しかし利益は微々たるものです。あと2ヶ月でiOSの開発者登録をしてから1年経つので
アプリ作成の収支を公開しようと思います。