Xcode:no identities were available

verUp申請で躓く

弾幕の器2の最終データが完成したのでxcodeでuploadしようとしたら「no identities were available」と表示されuploadできませんでした。この問題に対してはgoogleで検索すると日本語の情報もたくさん出る(但し古い情報が多い)のですが、私のケースは少しシンプルだったのでメモ。
 

Developer登録の更新

私の場合は12月の初めにDeveloper登録を更新していたのですが、これに関連してトラブルが発生しました。DeveloperのCertificatesはすぐに更新を済ませたのですが、アプリのProvisioning Profilesを更新する必要もあったようで、これを忘れていたために発生したトラブル。とりあえず弾幕の器2のProvisioning Profilesだけを更新した状態でスクリーンショットをとってみた。danmaku03以外がExpired(期限切れ)になっている。
スクリーンショット 2015-12-23 18.54.41
 

修正方法

更新したいアプリのProvisioning Profilesを選択してEditボタンをクリックすると以下の様な画面になる。ここで赤枠の部分で更新したDeveloperのCertificatesをチェックして新しいProvisioning Profilesをします(Generateボタンをクリック)。
expired
生成したProvisioning Profilesはダウンロードし、xcodeを開いている時にダブルクリックすれば自動的にxcodeに反映されます。私の場合はこれで「no identities were available」の問題を回避できました。
 

リリース時期

Appleはクリスマス休暇(12/22~29)のためリリースは1月中旬位になってしまうかもしれません(休暇中はiTune Conectのアプリ審査ボタンがグレーになっていて押せない!)。Androidは機械審査なので大晦日くらいにはリリースできると思います。
 

例によって動画

要塞のデータは以下の様に仕上がっています。エミュレータなので処理が追いつかず実際の攻撃とは異なってしまっています。

 
 
 

傾きの検知

次の弾幕ゲーム

「弾幕の器2」で諦めたことにショット方向の設定がありました。次回作では頑張って導入してみたいと思います。ショット方向は移動やボムと被らないように、携帯の傾きで制御することを考えています。youtubeにcocos2d-xでの傾き検知の動画があったのでメモ。

 

更新状況

弾幕の器2の更新状況は「戦艦データの調整中」です。Appleは22日からクリスマス休みになってしまうので急いでも審査して貰えないので…。

 
 
 

Macの買い換え時か

5年も頑張ったMacPro

現在のメインマシンであるMacProは5年前の10月に購入したもので、現在でもCPU的な処理速度に不満はなく、HDDの空き容量も半分以上残っています。
→参考:ブログ「新しいMacが到着
→参考:ブログ「新Macのセットアップ完了
 

HDDがヤバイのです

しかしHDDに関連する動作が極端に遅くなってきました。ファイルが沢山あるフォルダを開く処理や文字レイヤーの多いPhotoshopファイルを操作するとHDDへのアクセスがヤバイ感じになり、動作も非常に遅くなります。まだ異音はしないのですが寿命が近いようです。
週末に念のためデータをバックアップしておきましょうか。
 

同時期のWindows機は全滅

サブで利用していた2台のWindows(DELLの最も安い機種)は3年くらいでHDDがクラッシュ&ビデオボードがクラッシュ。ソニーのネットブック(VAIO W)は震災時に机から落ちて液晶破損。メインマシンで5年間利用できたMacProはさすが最上位機種といった感じです。
 

次はiMac5K

これまではMacProを乗り換え続けてきたのですが、MacProのデザインが変更となり個人的にあまり好きになれません。それにスマホアプリの開発を始めるようになったのでretina液晶の組み込まれたiMacは良い選択に思えます。
今の開発環境ではiOS6とiOS7の検証しかできない(Xcodeのバージョンが5.1.1)のです。弾幕の器シリーズも正式対応しているのは実はiOS6と7という状況。買い換え時なのです。
 

弾幕の器の更新状況

弾幕の器2の更新状況は以下の動画の通り、駆逐艦と巡洋艦のデータが完成しました。

 
 

弾幕の器2:HellモードとLunaticモード

冬休み前に何か追加したかったので

最終バージョンアップの前ですが、2つの難易度(Hell/Lunatic)を追加したバージョン「4.2」を出します(Androidはリリース済み、iPhone版は審査待ちですが今週中にリリースされると思います)。
—————————-
●Hellモード:兵装なし、代わりに支援機が付く
●Lunatic:兵装なし、支援きなし、シールドなし
※敵のデータはHardと同じ
—————————-
 
一応、現段階の敵艦艇はLunaticモードでも攻略を確認済み。一番手こずったエリダヌス級のアカマルは記念に動画を撮った。
・失敗例

・成功例