jQueryサイト:sampleページの作成を開始しました

サンプルページ制作開始

いい加減にサンプルページを進めないといけないので、連休を返上して頑張りました。
まだ3ページしか完成していませんが…
→サンプル:選択肢の作成(1)
 
 
他のjQuery入門サイトと被らないように診断系コンテンツを使うことにしたのですが
初心者の苦手な配列を利用していて難易度も高く、入門サイトに相応しくないのではないか…
と、途中でモチベーションが下がってきました。
 
しかし削除するのももったいないので、章立てを変更して対応しようと思います。
現在は1章が診断系コンテンツになっていますが、これを最後に移動して、現在「短編集」と
まとめられているコンテンツを1章に移動しようと思います。
 
スムーススクロールやタブメニューに関しては多くのサイトでも紹介されているので
差別化は難しいのですが、入門向けのサンプルとしては良いと思うので。
 
 
あと当初予定していた以下の内容は廃止することにしました。
プラグインで紹介予定のショーケース系のプラグインを利用したほうが良いと思ったので。
スライダー型ショーケース
スライダー型ショーケース2
スライダー型ショーケース(分割型)
スライダー型ショーケース(分割型)その2
一定時間でバナーを切り替える
 
 
 

v1.9にともなうリファレンスの更新

v1.9の登場に伴い随時リファレンスページを更新しているのですが、
今週は以下のページを更新しました。

afterメソッド、beforeメソッド、replaceWithメソッド

3つのメソッドとも同じような仕様変更になりました。新規に作成した要素に対して各メソッドを
利用した際に、返されるjQueryオブジェクトはメソッドの効果を反映しない物となりました。
詳細はafterメソッドとreplaceWithメソッドのメモに記述しました。
→リファレンス:afterメソッド
→リファレンス:replaceWithメソッド

addメソッド

この仕様変更も上記の例と同じです。新規に作成した要素に対してaddメソッドを利用した時の
仕様が変更されました。詳細はメモの最下段に追加してあります。
→リファレンス:add()

addBackメソッド

andSelfメソッドが進化したメソッドです。基本的な機能はandSelfメソッドと同じですが
引数にセレクタを指定してフィルタリングできるようになりました。
このメソッドが追加されたことで、andSelfメソッドは廃止となりました。
→リファレンス:addBackメソッド

Ajax通信のグローバルメソッド

セレクタにdocumentを設定しないと機能しなくなりました。グローバルメソッドなので
そのようなセレクタの方が良いと考えていたため、サンプルは全てbodyをセレクタにして
いましたが、今回の修正で全てdocumentに置き換えました。
グローバルメソッドは以下の6種類です。
→リファレンス: ajaxStartメソッド
→リファレンス: ajaxStopメソッド
→リファレンス: ajaxSendメソッド
→リファレンス: ajaxCompleteメソッド
→リファレンス: ajaxErrorメソッド
→リファレンス: ajaxSuccessメソッド
 
 
 
 
 

リファレンスを変更しなかった項目

バグフィクスなどリファレンスに影響しない項目についてはリファレンスを更新しませんでした。

appendTo, .insertBefore, .insertAfter, and .replaceAll

→参考:本家サイトの説明
返されるjQueryオブジェクトが更新されなかったバグが修正されました。
リファレンスにバグに該当するサンプルがないためリファレンスは変更していません。

 
 

英語メモ

技術的な英語は辞書では訳しにくいです..以下の様な解釈であっているのかな..
・document order … (ドキュメント内の)要素順
・disconnected node … ドキュメント内にない要素
 ルート(つまりdocument)に含まれない(接続されていない)要素だから。
 
 
 
まだまだ終わらないので来週もリファレンスの更新を続けます。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


× 九 = 63


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>